Top > 警察考察

警察考察
HTML ConvertTime 0.011 sec.

アナザー役職別考察 警察 Edit

  • オリジンでいう占い師と共有を兼ねた善人チームの花形の役職・・・であるがゆえに、人狼たちはあの手この手で妨害してきます。

基本情報 Edit

  • 夜の時間、生存警察の過半数が同じ人を指定すればその人の正体を知ることが出来る。
    • 例外として、愉快犯を捜査しても村人判定が出る。

夜の行動 Edit

  • 票が割れると捜査できない場合がある(間違っても3-1や2-1になれば捜査可能)。特に警察残り2名の時には注意。
  • 席順が若い人から毎日日替わりで指定することも多々ある。警察チャットで確認しよう。
  • 捜査先は、警察からのグレー指定先と人狼からのスナ指定先以外から選ぶと良い。

警察COのタイミング Edit

  • 愉快犯無しのルールではスナイパー発見と共に出る。ただし医者死亡時や針が無い場合はこの限りではない。
    • スナイパーさえ処理すれば人狼側は噛む以外警察を殺せなくなり、医者がいれば最大4度まで護衛できる。
    • 愉快犯ありの場合、安易にCOするとテロの餌食となり遺言ができなくなるのでそれを考慮しておくこと(警察・村人側がリードしている場合は出ていい)。
  • 人狼が2匹見つかれば出て良い。ただし自身がLP(最後の警察)でスナ・愉快犯がいたり人狼が3名以上いる場合、また医者・ボディーガードがいない場合は出たら負ける。

警察の遺言 Edit

  • 愉快犯の自爆攻撃を受けた場合を除いて遺言が出来るが、警察の遺言は最重要視されると言ってもいい。
  • 人狼・スナイパーを見つけている場合は報告。残りの警察の人数に応じて何名か(普通、前の人狼・スナイパーと合わせて2名程度)グレーの吊り候補を挙げる。
  • 明らかに夜始まった瞬間にスナイパーに撃たれると思ったら警察チャットでグレーの吊り先を挙げておく。捜査が無駄になるのを防ぐため。
  • 警察より人狼側の数が圧倒的に多い場合、吊り指定と合わせて毒殺指定もすることがある。